2006年11月26日

《悪夢の日》

H17.11.27(日) 
        
PM15:00頃 ムッシュの異変に気付く。
夜、呼んでも動こうとしない・・と言うより動けない!?
この時すぐ病院に連れて行けばよかったのですが、日曜日でしかももう21時。            
明日朝一番で連れて行くことに。
             
28(月) 

AM8;45 主人と共にA病院で、一番に診てもらう。
診察、そして簡単な検査の結果、ヘルニアの疑い有りとの事。
2箇所怪しいところがみらると。
両足は全く反応無く抓っても知らん振り。
腰の上部辺りまで麻痺がきていた。
「もし進行性のものであれば生命に関わるかもしれない。
ここでは設備が整ってないので、早急に専門医に診てもらう
必要がある。」とY先生。

命に関わるって・・!?
ヘルニアって命に関わる病気だった!?


検査方法として、脊髄造影レントゲン検査・CT・MRがあるそうで、
この近辺でCT検査ができるところはないということでした。
そして今の時点ではステロイドを使用しても痛みが無いので
意味がないと言われました。
「時間と経済的に余裕があるなら、鳥取大学動物病院を紹介します。」
と言って、連絡を取ってくださいました。
直ぐ鳥取大に電話しましたが、悪いことに朝ごはんを食べていて
今日は検査できない。

どうしよう・・・。
まさかムッシュがこんなことになるなんて。


とにかくムッシュを連れて帰り、主人が何軒かCTが出来る病院に
問い合わせた結果、取り敢えず造影検査が出来る近くのО病院で
診てもらい即入院。
夕方主人と病院に行き、内科治療(ステロイド投与)か外科治療
(造影検査してそのまま手術)どちらを選ぶか決断を迫られた。
内科治療で回復は望めないが、これ以上の進行を止める事はできる。
外科治療で元に戻す確立をあげるか・・しかし手術のリスクもある。
どの方法も悪い事ばかりが頭をよぎります。

選べない・・・。

最悪な事ばかりが先考してしまい、どうしても決断を躊躇してしまう。
飼い主である私達が最善の方法を選ばなければいけない。
失敗は許されない。
この時点で全く知識の無い私達に一番良い方法を選択するなんて
無理なこと。勉強不足でした。
この犬種に一番多いというヘルニアをもっと知っておくべきだった。

どうしよう・・
このまま一生下半身麻痺で自由を奪われてしまったら・・
私達のせいだ。


申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
帰る前、ケージに入ったムッシュはキョトンとした顔で
私達の顔をジーっと見ていました。
人一倍、いえ犬一倍怖がりで寂しがり屋で甘えん坊なムッシュ。
自分の足が突然動かなくなったあげく知らないところに取り残され、
色んな検査をされどんなにか不安だったでしょう。
動きたくても動けない姿に、涙が溢れてとまりませんでした。

ごめんね、今日は一緒には帰れないの・・ごめん・・ごめん。

「大丈夫です!一晩中誰かがここでモニターを見ていますから。」
と言っていただき、家に帰りました。
この日はステロイドで一晩様子をみて、明日決断することになりました。

        20051203_1624_000.jpg

29日(火) 

全く反応が無かった足先にちょっとだけ反応がみられる。
ステロイドが効いているのでこれ以上悪化することは無い。
このままステロイドで様子をみましょう!と先生。
この時点で私達夫婦、いえ家族全員手術しよう!と決めていました。
明日先生に言おう!

30(水)

昨日より反応が良いらしい。この時点でレベル4と言われる。
先生に手術の事を話し、早急にして貰う事に。
が、明日は担当の先生がお休みだという。明後日手術が決まった。
急がなくていいのかしら!?

1日(木) 

手術を決めた今、一分でも早く手術して欲しい!
手遅れになったらどうしよう!  

12月2日(金) 

全身麻酔をして造影検査をし、そのまま手術することに。
終わったら電話連絡してくれることになっていた。
仕事中先生から「造影検査をしましたが、疑わしい箇所が
特定できなかったので手術はできませんでした。
詳しいことは今晩いらした時に説明します。」という。
            
えっどういうこと!?
やっとの思いで決断して、あれだけ危ないと言われた
全身麻酔をさせて判らないからできませんでした!?
            

A病院では、普通のレントゲンで2箇所疑わしいとわかったのに、
わざわざ造影検査して特定できないなんて・・
とにかく夜、二人で先生の説明を聞きました。
「造影剤を流したところ、疑わしいところが無かった。
この子は体質的に脊髄が細いので特定しにくい。
うちでは手術はできません。うちで出来るのは、
今後ステロイドで様子をみることしかできません。
あとは、CT検査が出来るところで診て手術してもらうかですね。」
ということでした。
            
なにそれ!!
これだけ時間かかって手術できない!?
背中半分毛を剃られ、何も手立てできないなんて・・あんまりだ!

                     
3日(土) 

仕方なく、絶対安静と内科治療ということで退院。
自力でウンチ・シッコが出来ないため、肛門に刺激を与え出す方法、
膀胱圧迫で尿を空っぽにしてやる方法を指導していただき、
不安を抱えながら帰ることに。
この時、少し尻尾に力が入っていた。
最初に比べると少しではありますが反応している。

このままずっと今の状態を維持できるのだろうか!?
本当にこのままでいいのだろうか!?


家族で話し合いました。
失敗だった・・。私たちは大きな判断ミスをしていた。
最初に診ていただいた先生の言うとおり鳥取大学に行っていれば・・
と言っても、やはり色々考えてしまう。
手術となると時間も経済的にも大きな負担となります。
でもそんなことは言っていられない。

やれることは全てやらなくては!            
家族全員、同じ思いでいてくれた事が本当に救われました。

鳥取大学で手術してもらおう!!
なんでもっと早く決断できなかったんだろう。


5日(月) 

鳥取大学動物病院に電話し、これまでの経過を全て説明。
7日に再度連絡を待つことに。          

6日(火) 

鳥取大学には私が連れて行くことになるであろうということで、
取り敢えず下見に行こう!と主人の提案。
私の車には、ナビという強い見方が付いていたのですが、
どんなところなのか主人も自分の目で見ておきたかったのでしょう。
この日は休診で当直の学生さんがおられ、私達の説明を
一生懸命聞いてメモってました。
そして、その旨を出張中の教授に伝えておきますと言ってくれました。

7日(水) 

電話連絡が来ました。
直ぐ診ます!と言ってくれましたが、なんせ3時間はかかるお隣の県です。
しかも診療時間は午前中のみ。明日一番で診てもらうことになりました。
さあ大変!この時期、雪がチラホラ・・鳥取に行く道のりは山越えが待っている。
当然山道は凍っているのでチェーン無しでは山越えは危険らしい。
しかし我が家にはスタッドレスとかチェーンはありません。
そこで、近所のお友達の車が我が家と同じ車種だったので
スタッドレスを借り、既に21時すぎている
にも関わらずガソリンスタンドのお兄ちゃんに無理言って
付けてもらい準備万端。
この時は本当、感謝感謝でした。
 

ニックネーム ムッシュのママ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《手術》

8日(木) 

高速に乗り山越えをして、途中コンビニでシッコ・ウンチを取り
なんとか鳥取大学動物病院に到着。
何度か電話でやり取りしていただいた先生(岡本先生)と
学生さん5・6人がゾロゾロと入ってこられ、先ずは触診。
念入りに触って「ん〜○番目だな・・左の筋肉の付き具合で
右が怪しいな・・」と先生。
「とにかくCTで診させてください。二時間程したらお呼びします。」        
二時間後、待合室で待っていると検査室に呼ばれ、
パソコンの画面で写真を見せてくれました。
「椎間板ヘルニアですね。胸椎と腰椎の二箇所に圧迫が見つかりました。
今後の為にも手術したほうがいいと思います。
発症からかなり時間はたっていますが、手術をすれば可能性
(自力歩行)はありますから!」

あ〜これで大丈夫だ〜、ずっとこの言葉を待っていた。

今まで最悪なことばかり告げられていましたので、
なかなか前に進めず決断できませんでした。
この先生なら大丈夫だ!と思いました。
二箇所の手術ということで、少し時間がかかると言われました。
明日異常なければ連れて帰っていいと聞いていたので、
直ぐ主人がインターネットでホテルをとってくれていました。
岡本先生からも、ここのつながりのホテルがありますので
お取りしますよ!
と言ってくださいましたが、既にホテルを確保していたので
丁重にお断りしました。
手術は3〜4時間。もうとっくに終わっているはずなのに、
電話がかかってこない。主人からも何度も電話がある。

何かあった・・・!?どんどん不安になっていく。

結局かかってきたのが19時。他の手術もあり連絡できなかったと。
「無事手術は終わりました。悪いところは全て取り除きましたから
大丈夫です。明日朝点滴が外せたらまた連絡しますので
お迎えに来てください。」と岡本先生。
            
はぁ〜良かった!無事終わって。
長い時間よく頑張ったな〜ムッシュは。
            

直ぐ主人に電話し、主人もホッとした様子。

9日(金) 

AM9時、鳥取大学動物病院に行きパソコンで手術後の画を見せてもらう。
この日、岡本先生は出張で留守とのこと。
代わりの先生から説明があった。
圧迫されていた箇所の骨を削っていき、椎間板組織を綺麗に取り除かれていた。
そして診察室に入ると、ムッシュが身体全体包帯でグルグル巻きに
されてる姿に思わず「ムッシュ・・」と言うと、
立ち上がろうとするもそんな力は無く、やっとの思いでヒュンヒュン・・。
            
よく頑張ったね〜ムッシュ!偉いよ・・ムッシュは。

足裏のツボ刺激・屈伸・お灸など、毎日のリハビリ方法を聞きました。
お薬・精算を済ませ、ムッシュと共に岡山に帰る。
三時間かけて午後、我が家に到着。
オシッコが出て包帯がびっしょりになり、包帯を外すと二箇所に
凄い傷が・・

  20051217_1811_000.jpg
           
こんな小さな身体にこんな大きな傷が二箇所も・・痛かったろうに。
本当よく頑張ったね!
            


痛さからか、振るえが止まらない。鳥取大学動物病院に相談し、
近くのО病院に連絡して入院することに。
            
10日(土) 

夕方、面会に行く。
私達を見るなりヒュ〜ンヒュ〜ンと鳴きだした。
ずっと一人で頑張ってきて不安だったであろう。
そしてずっと鳴いていたのだろう、声が枯れてしまって
鳴くことがでない。声になってない。

もうちょっとの辛抱だから!頑張って!
ちゃんとご飯食べれるようになったら帰れるんだからね。


それから毎日仕事帰りに面会に行きました。

ニックネーム ムッシュのママ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《介護・リハビリ》

12日(月) 

午後から退院。
            
ムッシュ、やっと我が家に帰れるよ!長い間寂しい思いさせたね。

今日からリハビリ・お灸を始める。
    [爪楊枝5.6本束ね、肉球の間を刺激]
    [足の関節を屈伸運動]
    [腰のツボにせんねん灸]


20051222_2032_000.jpg

これらを毎日最低一回はすることに。
いつもはリビングのゲージで寝るのですが、心配なので
キャリーに入れ私達の寝室で寝ることに。
夜中、何度かヒュンヒュン・・「大丈夫!大丈夫!」となだめる。
明け方、オシッコが漏れていた。
床ずれにならないよう、オシッコ・ウンチをした後は
必ず蒸しタオルで拭くようにしていた。
            
13日(火)

入院・手術の恐怖と寂しさからか、毎晩夜鳴きが始まった。

14日(水)

ムッシュのお腹がパンパンに張っていた。
ウンチ・オシッコが思うように出せていない。
О病院で診察。立派なウンチと大量のオシッコが出た。
            
しんどかったろうに・・こんなに溜まっていて。

H18.1・4日(水) 

抜糸をしてもらう。
この頃、ダラ〜ンとした尻尾もビュンビュン振っていた。
膀胱圧迫も大分慣れ、日に4回空っぽにする。
「大分反応も良くなってきているので、尻尾を持って
歩かせてください」とB病院の担当医。
            
えっ!?こんなことしていいの〜!?

身体を支えるでもなく、ただ尻尾だけ持って歩かせていいのか!?

明らかにムッシュは嫌がっている様子。
不信感を抱きながらも、先生をただただ信じて歩かせていました。

ニックネーム ムッシュのママ at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《悪夢その2》

10日(火) 

オシッコがちょっとずつ漏れている。
尻尾も振れていない。
足の反応が無い。

おかしい・・。            

12日(木) 

下痢している。
О病賊に行くが、担当属はお休み。
別の先生が多損。消化不良ではないかということで、
孫いフードを買わされた。
症状が後退しているような気がすると話すと、自分にはわからないので
明日、担当属に多てもらうようにと言われる。

13日(金) 

検査が必要とのこと。

間違いであってほしい。気のせいであって・しい。

そう願っていました。当然リハビリは中止。
鳥取大学動物病賊に電話し月曜日に検査することに。

20060201_0640_000.jpg
            
またしても私たちは同じ失敗をしてしまったのか・・!?

О病賊でのリハビリ方・。
不信感を抱いたにも関わらず、その先生を信じるしかないと思っていた。
            
順調に回復に向かっていたのに・・。
            
16日(月)

一応手術を覚存して今回は前もってホテルをとり、
また三時間かけて鳥取大学動物病賊まで行く。
事情を話し、その後CT検査。結果、やはり再発。
      
まさに失意のどん底でした。

腰椎を手術したところの骨を削ったところに膜ができていて
そこがなにかの衝撃で破れて組織が出てきている。
これはかなり激しい衝撃ではないかと・・。
すぐにО病賊でのことが・をよぎり、そのことを話ました。
岡本先生は・をかしげ苦笑され「考えられないんですけど・・
どう考えてもこの長い身体を支えず尻尾だけ持って歩かせると、
胴に負担がかかるのは当たり前です。タオルなどで胴を支えなくては!
なぜそんなリハビリをされたのでしょう!?」
この時、一気に怒りが込み他げてきました。

何てことをしてくれたんだろう。
悔しくて・・悔しくて・・


言葉が出ませんでした。とにかく直ぐ手術しますと。
今回も私は鳥取で一泊することになり、明日ムッシュを迎えに行って
岡山に帰るという予定です。

ニックネーム ムッシュのママ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《2回目の手術》

17日(火) 

朝一番で鳥取大学動物病院に行き、画像を見ながらの説明を聞く。
やはり、昨日先生が言われた通りの事が起こっていました。
こんな小さな子に、一度ならず二度も大変な思いをさせてしまった。

20051209_1559_000.jpg


なんて事をしてしまったんだろう。

申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
常に冷静であり、正確な判断を・・決断をしなくてはいけなかったのに・・。
そこへムッシュが抱きかかえられて入ってくると、
私を見るなりこっちに来ようとしている。
           
あ〜元気だ・・自分で動こうとしてる。          

「リハビリは諦めずに続けてくださいね!大変でしょうが
頑張って続けていってください。」と。
そして、これからの通院の為に岡山のお知り合いの先生を紹介して
いただきその先生には電話で話をしておくと言ってくださいました。
それから病院を後にし、ムッシュと共に岡山に帰りました。

今まで通りのリハビリをしていこう!
           
それからはネットで色んな事を調べました。(遅いですが・・)
           
2月15日(水) 

岡本先生に紹介していただいたT病院で抜糸。
ここには、生まれたときから下半身麻痺のニャンちゃんがいました。
ここの先生が飼ってらっしゃるニャンちゃんで、
「介護は大変ですが、頑張ってくださいね!
ここに来る子で、車椅子を使っている子もいます。
リハビリにもなっていいのでは・・」と言ってくださいました。
           
車椅子・・・ムッシュが車椅子!?車椅子に乗るともう歩けなくなるのでは!?           

またまた私の悪い癖が・・・とにかくネットで調べてみよう!
主人とも話し、調べてみると5〜10万円もする高価なものばかり。
これまで診察・入院・手術諸々、かなり経費が掛かっていましたので
こんな高価なものは無理だな〜と思っていたところ、
ヒロさんの車椅子を発見しました。
ご自身の愛犬アドちゃんの車椅子作りをきっかけに、
多くのワンちゃん達の車椅子を仕事の傍ら作っていると。
すぐメールで問い合わせたところ、「できるだけ早く作って差し上げます!
ムッシュ君のサイズを測ってメールで教えてください。
車椅子はリハビリにとてもいい効果をもたらしているんですよ!」
とのお返事。
           
そうだったんだ・・先生もおっしゃってた通り、リハビリにいいんだ。
           
車椅子に乗って動くことで刺激となり、自力歩行できるようになった
ワンちゃんがたくさんいる事を知り、また一つ希望が湧いてきました。
そしてヒロさんのHPから、温浴でヘルニアを克服!を発見!!
早速覗いてみると、ヘルニアで手術、そして毎日温浴、
飼い主さん御自身で車椅子も製作されている。
その子はムッシュと同じМダックスの桜花ちゃん5歳。
今では自由に走り回っていると。
これだったら私にもできるかも・・と思い、桜花のパパにメールしました。
詳しく教えていただき、早速ムッシュも温浴を取り入れました。
それから何度かメールのやり取りの中で、同じ岡山県だということが
わかりビックリでした。

ニックネーム ムッシュのママ at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《車椅子》 

26日(日) 

      ムッシュ4 013.jpg

ムッシュの車椅子が届きました。真っ赤なフェラーリです(笑)
私の中での車椅子のイメージとは全く違って、元気の出そうな車椅子です。
しかも軽量で身体が当たるところには柔らかい素材が使われ、
ヒロさんの愛情がうかがわれる素敵な車椅子。
しかし・・・初めての乗車、固まってます。
何を着けられてるのか・・って顔で不安そう。
少し前かがみ気味なのか・・!?
下半身麻痺になってからずっと動かなかったせいで、前足の筋力が
落ちているのか・・!?
ヒロさん、T先生に相談。ちょっと手直ししていただくことに。
後日乗車。またまた固まってしまいました。
           
とほほ〜・・です。どうしたもんだか・・・。 
          
桜花のパパにも相談をし、色んなアドバイスをいただきました。
そして、ムッシュの大好きなレタスを冷蔵庫から出すと・・・

動いた!3ヶ月ぶりにムッシュが動いた!

嬉しくて直ぐヒロさんと桜花パパにメールで報告しました。
それはもう自分のことのように喜んでくれて、それが本当にありがたく
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この頃からか、部屋の中をオットセイのように動き回り、
以前の元気なムッシュに戻ったようでした。
そして、赤い車椅子で楽しくお散歩しています。
2度目の手術から9ヶ月、まだ自力歩行はできません。
でもちょっとずつですが反応もよく痛覚も戻ってきているようなので、
ゆっくりゆっくりムッシュに合わせたペースで楽しくリハビリを
していきます。

今では、広いグランドでリードなしで歩くのがお散歩の定番になりました。
時々、違う場所でお散歩していると
「足、どうしたのかなあ?怪我したんでしょう」
「かわいそうに・・・」
と珍しそうに色んな人の視線や色んな声が耳にはいってきます。
当然だと思うのですが、やはりこういうのが続くと堪えます。
心が痛みます。きっと、自分の中にムッシュに対する罪悪感があるんだと思います。
でも中には
「頑張って!」
「ムッシュを見てると頑張ろう!って思う」
って言ってくれる人も居ます。
こういうことを言ってもらうと、本当救われます。
私も頑張ろう!って思います。                  

ムッシュのヘルニアをきっかけにネットで知り合えた方々には、
沢山のアドバイスや励ましのお言葉、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
多分・・いえ、きっとこうやってネットで知り合えなかったら今頃、
諦めてリハビリもやめていると思います
ムッシュがヘルニアになって一年。
始めはどうなることかと思っていましたが、今では、毎日こうやって
リハビリ・介護してることが当たり前になっています。
健常犬だった頃わからなかったことが、今ではすぐわかってしまう。
それだけ密に接しているから。そのことが本当に嬉しいんです。
ずっとこのままでいい・・元気で居てくれればそれでいい。
正直、心の底ではそう思ってる自分が居ます。
でも、できればまた前のように立って・・歩けて・・走れる時が
きてほしい。
ムッシュにとって、やはりそれが自然だし幸せなことだから。
そして、一年でも一日でも一分でも一緒にムッシュと居たいです!
           
それが私達家族の願いです。


最後に・・長々とこれまでの経過を読んでくださった方へ
     貴重な時間お付き合いしていただき、ありがとうございました。
     そして今病気や怪我で苦しんでいるワンちゃん・飼い主さん、
     沢山の仲間がいますから・・一緒にがんばりましょうね!
ニックネーム ムッシュのママ at 21:40| Comment(10) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする